バコラー日記

人生は決して受け身になってはいけない。攻めるが勝ち!

    タグ:Programmer

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    「This Is Why You Shouldn't Interrupt a Programmer」(なぜプログラマの作業に割り込むべきではないか) という4コマ漫画が話題になっていたらしいです。

    最近、このことを会社で良く口にしているのですが、別にプログラマだけじゃないんですよね。誰でも話し掛けられて、作業に割り込まれると思考が中断するし、元の作業に戻るのに多少なり時間が掛かるわけですよ。

    だから、会社全体の効率を考えて作業を進めるなら、急ぎのタスク以外は全てメールやチャットでやり取りするべきだと思うんですよね。ただ、最近それだけじゃダメだなと考えてて、口頭のコミュニケーションを仕事の中で減らしていったら、効率良くはなるけど殺伐としていくなあと思うようになりました。バランスが大事なんでしょうけど。

    特に、僕はエンジニアなので「喋ってるヒマがあったらコード書け」とか上の人から思われてるのかもしれませんが、周りの人達(非エンジニア)が話してると話したくなるわけですよ。前職だと社員のほとんどがエンジニアだったので、こんな風に思うことはあまりなかったんですよね。現職はオフィスに20〜30人ぐらい居る中で、エンジニアが3名だけなので空気感が違うからかもしれないのですが。


    言いたいことは、仕事の効率だけ考えると急ぎでないなら話し掛けない方が作業を中断させないから良い。けど、それを徹底すると殺伐とするから良い按配で話したり、コミュニケーション取った方が良いですよねということです。 はい。

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    たまに、

    「プログラミング始めたいんですよ。」

    という言葉を聞くけど、始めたいなら始めればいいじゃないか。

    実際には始めないし、やらないのは、本当はそんなにやりたくないからだと思う。


    それと似たようなことで、「デザインも一通りできるようになりたい」と前から思っていて、やっていない僕は本当はそんなにやりたくないのかな。

    そもそも、”一通り”というのがデザイナーさんに失礼極まりないなと。


    Designer も Programmer もそんなに甘い仕事じゃないからね。

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    とまでは言わないけど、すごいエンジニアはやっぱ凄いなぁと驚き半分、自分の力の無さに落胆半分。

    iOS向けFacebookアプリがアップデート〜ネイティブ化でもっさり感を解消 はてなブックマーク - iOS向けFacebookアプリがアップデート〜ネイティブ化でもっさり感を解消

    Objective-C で書き直したとは言え、ここまでサクサク動くようになるんやなぁ。

    がんばります。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    こんばんは。だいぶ暖かくなってきて、過ごしやすい春の夜、いかがお過ごしでしょうか。

    プログラミングしてますでしょうか?


    熊本から上京してきて、あっという間に一年が経ちました。

    明日から、プログラマー2年生になります。

    多分、きっと、進級できるので2年生です。

    2年生の難関といえば「掛け算」ですよね。「九九」ちゃんと暗記できるかなぁ。


    さて、年度が変わるので、本来ならこの1年をしっかり振り返りたいところですが、1年前の自分のエントリを読み返すだけで今日が終わりそうな感じです。

    今春“プロ”グラマーを目指す私の今の気持ち - バコラー日記 はてなブックマーク - 今春“プロ”グラマーを目指す私の今の気持ち - バコラー日記


    この1年、何ができたかなぁと振り返ってみると、Web業界に知り合いがたくさんできました。

    東京でウェブ系の仕事をしている友達をたくさん作りたいです。

    ・引用元:今春“プロ”グラマーを目指す私の今の気持ち - バコラー日記 はてなブックマーク - 今春“プロ”グラマーを目指す私の今の気持ち - バコラー日記


    年上の方が多いので”友達”というと語弊がありまくりですが、この1年で出会った色んな方々に本当に良くして頂きました。

    恩返しとして僕ができることは、自分のレベルをもっと上げていけるように頑張ることだと思っている次第です。


    しかし、プログラマーって大変な仕事ですね。

    まだまだ知らないことだらけで、たまに自分の知識量の乏しさに呆然としたりします。

    好きじゃないと続かないと身をもって感じました。


    明日から新入社員が入ってくるわけでもないので、年度の変わり目を実感できないので、ブログぐらい書いておかないとですね。

    では、みなさま今年度もよろしくお願いします。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    ダンディ坂野の声で脳内再生してください。

    たのしいー なかまをー
    ゲッツゲッツゲッツー!!

    韻を踏めてませんが、東京でなかまウェブ系の仕事をしている友達をたくさん作りたいです。ゲッツ!


    [email protected]さんが良記事をあげられていました。

    今春“プロ”グラマーになる人が、あと1日ですべき1つのこと - このブログは証明できない。 はてなブックマーク - 今春“プロ”グラマーになる人が、あと1日ですべき1つのこと - このブログは証明できない。

    "この春就職してプログラマーになる人は1人しか知りません。"のくだりを勝手に自分のことだと解釈して、明日から新社会人として“プロ”グラマーを目指す私の今の気持ちを書き出しました。


    というわけで、本記事は「Re: 今春“プロ”グラマーになる人が、あと1日ですべき1つのこと」という意味合いもあります。

    記事にもありますがプログラマーに限らず、社会人は勉強すべきことが山ほどあります。それを列挙しだすと気が遠くなりそうなので今はしません。

    今、優先してすべきことは「今の気持ちを書き留める」ことです。

    "明日1日でやるべき1つのこと。それは、今の気持ちを書き留める、ということです。これから就職するのであれば、一部の人をのぞいて、プログラマーってよくわからないでしょう。しかし、漠然とでも「こんなプログラマーになりたい」という、理想のプログラマー像というのがあると思います。もちろん、プログラムを書く象ということではありません。"


    僕の理想のプログラマー像は「満遍なく色んなことができるプログラマー」です。

    下手すれば中途半端なプログラマーになる恐れもありますが、1つの分野をトコトン突き詰めるよりも、色々できるようになりたいです。それこそ、プログラマーと呼ぶには微妙なぐらいに。ウェブ屋さんと呼んだ方がしっくりくるかも。

    そもそも、僕がウェブ系ベンチャー企業でプログラマーとして働こうと考えたのは、第一に「インターネット」が好きだからです。そして、新卒で就職先にするのはベンチャー企業の方が"リスクが低い"と考えたからです。この考えは、ロケットスタートの社長 けんすう(@kensuu)さんのブログにも書かれています。

    長期的な安定性を求めるならベンチャーにいくほうがいいかも - ロケスタ社長日記 @kensuu はてなブックマーク - 長期的な安定性を求めるならベンチャーにいくほうがいいかも - ロケスタ社長日記 @kensuu

    リスクを低くする為にベンチャー企業に就職して働くわけですから、「どこでも通用するスキル」を身につけられるように働く必要があります。なので、最低限、自分と家族を養うぐらいの仕事を自分で作って、自分で回していけるような「満遍なく色んなことができるウェブ屋さん」を目指します。

    理想としているのは、37シグナルズのような仕事のやり方です。

    小さなチーム、大きな仕事―37シグナルズ成功の法則 (ハヤカワ新書juice)

    幸い明日から務める会社は、会社の規模を急激に拡大せずに、利益率を上げることに重きを置いてるようなので多少なり理想に近い環境だと思ってます。


    最後に、「愚痴を言わない」「環境は自分で変えられる」という言葉を自分への戒めとして、明日から理想の“プロ”グラマーを目指してがんばりまくります!!

    このページのトップヘ