バコラー日記

人生は決して受け身になってはいけない。攻めるが勝ち!

    タグ:設定

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    Windows7にて、いざという時のためにファイルを自動的にバックアップさせる方法を紹介します。

    前置き


    まず、どうやって自動的にバックアップさせるかをざっくり説明します。

    作業は、大きく分けて
    ・「ファイルをコピーするプログラムみたいなものを作る」
    ・「作ったプログラムを自動で実行させる」
    の2つの手順になります。

    会社でVMwareに仮想サーバーを構築して、その上でプログラムを動かしています。つい先日、仮想マシンが死にまして、バックアップをこまめに取っておく大切さを身を持って実感しました、

    嘆いているところ、「グループポリシー + xcopy」で自動バックアップ出来るよと教えてもらったので、再発で泣く前にやってみました。
    (ちなみに、Windows7だけでなくvistaやxpでもできます)

    グループポリシーでシャットダウン時にxcopyを実行するようにする。ところで、そもそも、PCシャットダウン前にVMをshutdownしていれば、問題はまず起きない。 @bakorer 仮想マシンが死にました。自動でバックアップ取ってくれるサービスってありますか?less than a minute ago via web Favorite Retweet Reply



    xcopyを実行するバッチファイルの作成


    まず、ファイルをバックアップするコマンドを書いたバッチファイルを作成します。

    xcopyでのファイルのバックアップはこの記事を参考にしました。
    @IT:Windows TIPS -- Tips:xcopyでファイルをバックアップする

    基本的な考え方としてxcopyのコマンドは、
    xcopy 保存したいファイルやフォルダのパス 保存先のパス

    という使い方をします。

    VMwareの仮想マシンをコピーするバッチファイルは、 ファイル名:copy_vm.bat とします。バッチファイルの内容は以下のとおりです。
    set logfile=C:\log\copyall.log
    xcopy C:\Users\shigeoka\Documents\"Virtual Machines"\CentOS-5.6-i386 C:\Users\shigeoka\Documents\"Virtual Machines"\backup\CentOS-5.6-i386_backup\ /d /s /e /h /c /y /r >> %logfile%


    グループポリシーでPCの終了時にバッチファイルの実行


    次に、グループポリシーを使って、PCの終了時にバッチファイルを実行するようにしました。
    @IT:Windows TIPS -- Tips:グループ・ポリシーを使って、コンピュータの終了時にコマンドを実行する

    シャットダウン時に実行するスクリプトを指定するには、「グループ・ポリシー・オブジェクト・エディタ(gpedit.msc、以下、GPEditと略)」を起動して、ローカル・コンピュータの既定のポリシーに情報を追加します。

    起動には、Windows7だと[スタート]-[プログラムとファイルの検索]で“gpedit.msc”と入力します。

    シャットダウン時に実行されるスクリプトを設定する場所は、[ローカル コンピュータ ポリシー]-[コンピュータの構成]-[Windows の設定]の中にある、[スクリプト(スタートアップ/シャットダウン)]です。これを選択して、右側に表示される[シャットダウン]をダブルクリックします。

    [シャットダウンのプロパティ]ダイアログから、[追加]→[参照]で、実行するファイルcopy_vm.bat を選択します。


    これでPCをシャットダウンするときに指定したファイルやフォルダを自動でバックアップしてくれます。


    【参考】
    グループポリシーについて詳しく解説されている記事です。
    システム設定とシステム・ポリシー - @IT

    ITmedia エンタープライズ:Windows Tips「DOSプロンプトから「Program Files」などのフォルダにアクセスする2つの方法」

    その他、VMwarePlayer用にバックアップするシステムがあるそうです。
    NHM
    VMware Playerのスナップショット管理ツール「NMH」: みズとおかズ

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    apple-boot-campBoot Campを利用して Mac に Windows 7 をインストールしたのでその方法をメモ。インストール方法はASCII.jpに詳しくまとめられています。

    ASCII.jp:完全保存版・MacにWindows 7をインストールしよう


    当記事では、ASCIIの記事では分からなかった部分を補足する形式で書きたいと思います。


    4.パーティションの作成


    Windows 7のインストールに最低限必要なディスク容量は、32bit版で16GB、64bit版で20GBだそうです。僕は50GB作成しました。


    5. インストーラの起動


    Windows7 のインストール時に、僕のMBPはUSキーボードなので設定画面で「英語キーボード(101/102キー)」を選択しました。


    7. Boot Campドライバーの更新


    再起動後、「スタート」メニューから「Apple Software Update」を起動します。

    僕の場合は、「Boot Camp の更新(2010 13 インチ MacBook Pro)」、「Boot Camp 更新プログラム 3.2」にチェックを入れて「2項目をインストール」ボタンをクリックしました。
    とにかく、Boot Campの更新をすればOKです。


    番外編. 起動するOSを選択する方法


    Windows上またはMac OS X上で、再起動するOSを選べます。

    Windowsを終了してMac OS Xで起動するには、通知領域にある[Boot Camp]のアイコンから再起動します。
    MacからWindowsで再起動するには、[システム環境設定]-[起動ディスク]でWindowsを選択します。
    この方法で再起動すると、再度変更しない限り同じOSが起動します。

    電源を入れたときに起動するOSを選択するには


    [option]キーを押しながらMacの電源を入れると、このレッスンで紹介した起動設定を無効にして、起動時にOSを選択できるようになります。
    使用できる起動ディスクがアイコンで表示されるので、[←][→]キーでOSを選択して[return]キー(またはアイコンの下にある矢印キーをクリック)で決定します。
    ・引用元:Macの疑問 Boot Camp編 [起動OSの選択] 起動するOSを選ぶにはどうしたらいい? - できるネット+(できるネットプラス)


    ちなみに、Mac book Pro にてWindows7を操作するときにトラックパッドから右クリックはそのままではできません。
    右クリックの場合は、右側の「コマンド」キーを押したまま、トラックパッドボタンを軽くたたきます。

    ・引用元:Boot Camp Beta: MacBook および MacBook Pro での使用に関してよくお問い合わせいただくご質問 (FAQ)

    キーボード対応で参考になりそうな記事。
    MacとWindows ( Boot Camp・VMware・Parallels ) を快適に使うためのキーボードユーティリティ9種 | TechGaga


    他にも、Appleの公式サイトでもトピック毎に詳しくまとめられています。

    Boot Camp:Windows 7 のインストールについてよくお問い合わせいただく質問
    Boot Camp:64 ビット版 Microsoft Windows Vista および Windows 7 を実行できる Mac
    Boot Camp:Microsoft Windows のシステム条件


    Boot Campでインストールする以外にも VirtualBox などのソフトを使って仮想環境で Windows を動かすこともできるみたいですね。
    Mac OS X (Leopard) 上で仮想環境で Windows をタダで動かしたい - Tosshi Note

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    WordPressのテーマを手動でアップロードして設定する方法を調べたのでメモ。

    1. Web上で気に入ったテーマをダウンロードして解凍します。
    2. 解凍したフォルダをサーバー側の「wp-content」→「themes」にアップロードします。

    公式のテーマだとWordPress上から直接インストールできますが、非公式のテーマは自分でダウンロードしてきたものをサーバーにアップロードしてから、インストールする必要があるようです。

    以上です。

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    コアサーバー(CORE-A)でWordPressを使えるように設定したのでメモ。

    構築は下記サイトを参考にしました。
    WordPressをxreaにインストールする
    CORESERVER(XREA)でWordPressを構築する手順 - Nakamori Report

    簡単な流れだけ紹介。

    1. WordPressをダウンロード
    2. 独自ドメインの設定(サーバー)
    3. データベースの作成(サーバー)
    4. wp-config.phpの設定(WordPress)
    5. WordPressのシステム一式をサーバーにアップロード
    6. http://(独自ドメイン)/wp-admin/install.php にアクセスし、初期設定


    とりあえずインストールだけ完了しました。

    以上です。

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    livedoor blog にて、google-code-prettify を使ってソースコードを色付けて表示させる設定方法を調べたのでメモ。

    今まで、ソースコードをブログに載せる機会が少なかったのですが、これから載せていく機会を増やそうと思い、ソースコードを簡単かつ綺麗に表示させる方法を探してみました。調べてみると、結構たくさんありますね。
    ・参考:あなたのソースコードを彩る、Syntax Highlighterまとめ | Blog.37to.net

    syntaxhighlighterでソースコードを表示させているのをよく見かけるので、これを使おうと思って調べたところライブドアブログでは .js 形式のファイルは無料プランだとアップロードできないので使えません…
    ・参考:livedoor-blogでSyntaxHighlighterを使う方法 : Everyday FunkiEE!!

    google-code-prettify ならライブドアブログの無料版でも使えるように設定できるみたいなので、これを使うことにしました。
    ・参考:google-code-prettifyでソースコードの色分けをしてみる [livedoor Blog カスタマイズ] : ずっと工事中

    上記ブログの著者がサイドバーに表示させておくだけで動作するようなコードを書いてます。ブログパーツのフリーエリアに下記のコードを記載するだけで使えるようになります。



    これで、preタグを使うだけでソースコードを色付けて表示できるようになりました。

    このページのトップヘ