バコラー日記

人生は決して受け身になってはいけない。攻めるが勝ち!

    タグ:バックアップ

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    Windows7にて、いざという時のためにファイルを自動的にバックアップさせる方法を紹介します。

    前置き


    まず、どうやって自動的にバックアップさせるかをざっくり説明します。

    作業は、大きく分けて
    ・「ファイルをコピーするプログラムみたいなものを作る」
    ・「作ったプログラムを自動で実行させる」
    の2つの手順になります。

    会社でVMwareに仮想サーバーを構築して、その上でプログラムを動かしています。つい先日、仮想マシンが死にまして、バックアップをこまめに取っておく大切さを身を持って実感しました、

    嘆いているところ、「グループポリシー + xcopy」で自動バックアップ出来るよと教えてもらったので、再発で泣く前にやってみました。
    (ちなみに、Windows7だけでなくvistaやxpでもできます)

    グループポリシーでシャットダウン時にxcopyを実行するようにする。ところで、そもそも、PCシャットダウン前にVMをshutdownしていれば、問題はまず起きない。 @bakorer 仮想マシンが死にました。自動でバックアップ取ってくれるサービスってありますか?less than a minute ago via web Favorite Retweet Reply



    xcopyを実行するバッチファイルの作成


    まず、ファイルをバックアップするコマンドを書いたバッチファイルを作成します。

    xcopyでのファイルのバックアップはこの記事を参考にしました。
    @IT:Windows TIPS -- Tips:xcopyでファイルをバックアップする

    基本的な考え方としてxcopyのコマンドは、
    xcopy 保存したいファイルやフォルダのパス 保存先のパス

    という使い方をします。

    VMwareの仮想マシンをコピーするバッチファイルは、 ファイル名:copy_vm.bat とします。バッチファイルの内容は以下のとおりです。
    set logfile=C:\log\copyall.log
    xcopy C:\Users\shigeoka\Documents\"Virtual Machines"\CentOS-5.6-i386 C:\Users\shigeoka\Documents\"Virtual Machines"\backup\CentOS-5.6-i386_backup\ /d /s /e /h /c /y /r >> %logfile%


    グループポリシーでPCの終了時にバッチファイルの実行


    次に、グループポリシーを使って、PCの終了時にバッチファイルを実行するようにしました。
    @IT:Windows TIPS -- Tips:グループ・ポリシーを使って、コンピュータの終了時にコマンドを実行する

    シャットダウン時に実行するスクリプトを指定するには、「グループ・ポリシー・オブジェクト・エディタ(gpedit.msc、以下、GPEditと略)」を起動して、ローカル・コンピュータの既定のポリシーに情報を追加します。

    起動には、Windows7だと[スタート]-[プログラムとファイルの検索]で“gpedit.msc”と入力します。

    シャットダウン時に実行されるスクリプトを設定する場所は、[ローカル コンピュータ ポリシー]-[コンピュータの構成]-[Windows の設定]の中にある、[スクリプト(スタートアップ/シャットダウン)]です。これを選択して、右側に表示される[シャットダウン]をダブルクリックします。

    [シャットダウンのプロパティ]ダイアログから、[追加]→[参照]で、実行するファイルcopy_vm.bat を選択します。


    これでPCをシャットダウンするときに指定したファイルやフォルダを自動でバックアップしてくれます。


    【参考】
    グループポリシーについて詳しく解説されている記事です。
    システム設定とシステム・ポリシー - @IT

    ITmedia エンタープライズ:Windows Tips「DOSプロンプトから「Program Files」などのフォルダにアクセスする2つの方法」

    その他、VMwarePlayer用にバックアップするシステムがあるそうです。
    NHM
    VMware Playerのスナップショット管理ツール「NMH」: みズとおかズ

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    たまに「PCが壊れた…」とかで電話相談を受けます。もちろん、プロじゃないので調べながら、アドバイスをして何度か修繕したことがあるのですが、今回はダメだったケースです。

    色々と調べたのでメモとして残しておきます。

    ----

    富士通のPC、「FMV BIBILO NF40T」が起動しなくなったと相談があったので調査しました。

    OSが起動しなくなった原因は、恐らくWindowsアップデートをしている途中に強制終了させたことらしいです。良い子なみなさんは真似しないで下さいね。


    まず、試したのはこれ。
    文書番号103435:「ご迷惑をおかけしております。Windows が正しく開始できませんでした。」と表示され、パソコンが起動しない

    ・Windows を通常起動する
    ・前回正常起動時の構成で起動する
    ・セーフ モードで起動する

    全部やってみたけど、「ご迷惑をおかけしております」画面の無限ループでした。何回か再起動してると起動することもあるらしいですが、今回はさっぱり。


    次に、「BIOSの初期化」をしてみました。
    富士通Q&A - BIOSセットアップの起動、初期化の方法や、設定方法を教えてください。 - AzbyClub サポート : 富士通


    その次は、ブルースクリーンにしてエラーコードを確認しました。
    ご迷惑をおかけしております。Windowsが正しく開始できませんでした。今度は…。 : パソコントラブル出張修理・サポート日記

    エラーメッセージは「0x000000ED」でした。
    パソコン修理、トラブル… Windows XPを起動するとエラーメッセージ「Stop 0x000000ED」が表示されてしまう場合の対処方法 - こんなときどうするの? Powered by 中古パソコンのPCaGOGO

    富士通Q&A - [Windows XP] 「ご迷惑をおかけしております」「Windowsが正しく開始できませんでした」「A problem has been detected...」などのエラーメッセージが表示され、Windowsが起動しません。 - AzbyClub サポート : 富士通


    結局、リカバリしてPC自体は使えるようになったのですが、データはもちろん全部消えてしまいましたそうです。大事なファイルはDropboxなどクラウドサービスにバックアップしておくべきですね。

    オンラインストレージサービスも安価になってきてますし、自分でバックアップを取っておくよりずっと安心です。なったときでは遅いので、僕もそろそろ写真や音楽ファイルのバックアップを検討したいと思ってます…。

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    logo「Uploadingit.com」という無料で20GBの容量が使えるオンラインストレージサービスを使ってみたのですが、イイデスヨこれ。

    はてブでホッテントリしていたので、ご存じの方も多いとは思います。
    ・参考:無料で容量20GB、同時に1000ファイルアップロード可能なオンラインストレージ「Uploadingit.com」*二十歳街道まっしぐら

    ・無料で容量20GB
    ・ファイル名、アップロード日、ファイルサイズ、ダウンロードされた数でソート可能
    ・検索機能あり
    ・ドラッグ&ドロップでファイル移動可能
    ・一度に1000ファイルまでアップロード可能(1ファイルは上限200MB)
    ・アップロード完了までの時間計測
    ・アップロードしたファイルをZIP化
    ・アップロードしたファイルのサムネイル化

    個人的に魅力的なのは、「20GB無料」「1ファイルの上限200MB」「検索機能あり」ですかね。

    色んなオンラインストレージサービスを併用しているので、「Uploadingit.com」は電子書籍化したPDFのバックアップ用に使っています。(パス付きのフォルダに丸ごとアップロードしました)自炊したPDFは容量が大きいものもあるので、上限が200MBなのは嬉しいですね。

    インターフェースがDropBoxと類似しているみたいですが、それならローカルと同期させるソフトも欲しいところですね。

    【追記】
    日本語のファイル名は対応されていないので、ファイル名は英数字にしないと区別できなさそうです。


    「Dropboxもまだインストールしてないよ…」って方は下記のリンクからよろしくお願いします。
    【ツール】DropBox導入 - バコラー日記
    【Dropbox】ドロップボックスのストレージ容量を無料で768MB増やす方法 - バコラー日記

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    Dropboxのストレージ容量を無料で最大768MB増やす方法があったのでご紹介します。

    • Twitterアカウントへの接続を許可すると128MB
    • Facebookアカウントへの接続を許可すると128MB
    • Twitterアカウントをフォローすると128MB
    • 開発者にDropboxの好きな所を教えると128MB
    • いいね!をすると128MB
    • Dropboxの好きな所をつぶやくと128MB

    ・引用元:Dropboxの容量を768MB増やす方法 | Web活メモ帳

    全部で768メガバイトの容量が無料で増設できます。
    ストレージ容量の増設は下記サイトにて行えます。
    Dropbox - Online backup, file sync and sharing made easy.


    ちなみに現在、招待した人と招待された人がお互いに250Mバイトの追加ボーナスがもらえるキャンペーンを行っているそうです。招待分で最大8GBまで追加できるそうです。

    なので、Drop Boxをまだ利用していない方は、以下の紹介リンクから新規アカウントを取得していただけると嬉しいです。
    (ちなみに現状、4GBです…)
    ・登録サイト:Dropbox - You're invited to join Dropbox! - Online backup, file sync and sharing made easy.


    以上です。

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    ウェブサイトを丸ごとダウンロードできる「ホームページクローン作成」というフリーソフトを使ってみたので、ご紹介します。

    ・DLサイト:ホームページクローン作成の詳細情報 : Vector ソフトを探す!

    URLを指定すると、そのURLからたどれるページを順繰りに取得していくことにより、サイトをまるごとコピー(クローン作成)するソフトです。

    このソフト「ホームページクローン作成」でバックアップしておけば、
    ・ブログサービスが終了してしまっても、自分のパソコンに持っているコピーを新たなウェブサーバーにまるごとアップロードすることで復元可能。
    ・ブログサービスが一時的に停止してしまっている。しかし、ブログにアップしたはずの画像が今すぐに必要だ、というときに自分のパソコンにバックアップしているから安心。

    というメリットがあります。

    ブログのバックアップに関しては、MT形式などでのバックアップに比べて、本ソフト「ホームページクローン作成」はレイアウトや背景などを忠実に保存することが特長となっています。


    ■対応ブログ:
    Livedoorブログ(ライブドアブログ)、JUGEMブログ、Yahoo!ブログ、FC2ブログ、ココログ(Nifty)、gooブログ、他


    このソフトの製作者であるマツモトヒロアキ氏は他にも、「mixiバックアップ」「GREEバックアップ」などのソフトを開発しているみたいです。mixi日記を書きまくってる方はバックアップしとくといいかもしれませんね。

    ブログとかやっている方は「ホームページクローン作成」とかでバックアップを取っておくといいかもしれませんね。

    このページのトップヘ