父親から「格安ケータイにしたい」と相談されたので、ドコモで契約していたらくらくスマートフォンから「iPhone SE SIM フリーモデル」+「格安SIM (BIC SIM) 」へ移行したので、その手順をご紹介します。
bic-sim

事前準備


Gmail アカウントを新規作成する


格安SIM にはキャリアのメールアドレス @[email protected]@softbank.ne.jp [email protected]@uqmobile.jp などが発行されません。

なので、事前に Gmail などの PC メールアドレスを取得しましょう。

iPhone SE の初期設定


Wi-Fi と他の方が格安SIM を持っていれば、事前にアクティベーションと初期設定などを済ませることができるので、やっておきましょう。

Apple アカウント新規登録


Gmail メールアドレスを使って Apple アカウントを持ってなければ、新規登録しましょう。

格安SIMへの移行当日


まず、ドコモショップに行って MNP 予約番号を取得して、次にビックカメラで BIC SIM への移行手続きをおこなうという流れになります。

ドコモショップで MNP 予約番号


まず、ドコモショップで MNP 予約番号を取得します。ドコモショップだったら全国どこでも対応してくれるのですが、熊本の場合はビックカメラの最寄り店舗 ドコモショップ近見店 にするといいんじゃないでしょうか。

僕は営業時間の一番早い 10 時に来店して、「MNP 予約番号を発行してください」とだけ伝えて、書類をちょろっと記入して 20 分ぐらい待ってたら手続きが完了しました。滞在時間 30 分未満でした。

ビックカメラで BIC SIM 契約


次に、ドコモショップで発行した MNP 予約番号が書かれた書類を持って、ビックカメラの BIC SIM 手続きカウンターに向かいましょう。

書類をちょろっと記載してあとは1時間後に手続き完了するので、店内で時間を潰すか近所の飲食店、丸亀製麺やCoCo壱番屋で早めのランチを済ませつつ、時間を潰しましょう。

まとめ


10時〜12時の2時間で MNP 予約番号から 格安SIM (BIC SIM) の手続きが完了しました。手続き時間、もうちょっと掛かるかと思ってたんですが、午前中の空いている時間帯に来店したのですんなり手続きが完了してよかったです。

らくらくスマートフォンの感想


電話帳が Export できないのはきつい。LINE アカウントを移行できないのはきつい。

らくらくスマートフォン、全然らくらくじゃねぇ・・・。

iPhone の感想


文字入力が遅い方には、音声入力はかなり便利ですね。改めてそう思いました。
あと、文字サイズを細かく調整できるのは助かる。iPhone は文字サイズを大きくできるので、充分に高齢者向けのスマートフォンとして活用できますね。

Apple、Google、Yahoo! Japan、LINE だけでやりたいことがほぼ実現できました。