今日中に完了させなければならない仕事があって、作業工数的に「1日あれば終わるだろう」と思っていたら、案の定ギリギリだった。

「あぁ、こういうの何て言うんだっけ?」と思い、検索してみて「あー、パーキンソンの法則がこれか」とモヤモヤが晴れた。

パーキンソンの法則(パーキンソンのほうそく、Parkinson’s law)は、…
具体的には、
  • 第1法則
    仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する
  • 第2法則
    支出の額は、収入の額に達するまで膨張する
の2つからなる。
[引用元]:パーキンソンの法則 - Wikipedia


締切までタスクを膨張し続けさせないために、できることはいくつかあると思う。

個人的に心掛けたいと思っているのは、下記3つ。

  1. タスクの細分化

  2. 各タスクの締切の設定

  3. こまめに進捗報告


書いてみて、ありきたり過ぎて、泣ける。

とりあえず、与えられた時間をすべて満たすまで仕事量を膨張させる人のことを「パーキンさん」って呼びたいなと思った。

それだけ。