先週の土曜日、公開日初日に「ソーシャル・ネットワーク」という映画を観てきました。

ソーシャル・ネットワーク
ソーシャル・ネットワーク - オフィシャルサイト

「ソーシャル・ネットワーク」とは、Facebookという世界的シェアを誇るSNS(mixi, GREEみたいなサービス)の誕生から急成長していく様子を映像にしたドキュメンタリー映画です。(ノンフィクションですが)


「ソーシャル・ネットワーク」を観た感想とか


映画を観てまず思ったのは、事前に原作本を読んでなかったら追いつけていないぐらい話の展開が凄いスピード感で進んでいったということです。ベンチャー企業が急成長していく様子を映像で表現しているので、スピード感があるのは当然ですが、それにしても速かったなぁ。

パーティーなどの派手な部分に印象が残りがちですが、僕が素敵だなと思ったシーンは「マークがアイデアを思い付いてそれを実装するためにダッシュで寮の自室に戻り、夢中で実装する」ところです。


「ソーシャルネットワーク」を観終わった後に、感想とか自分へ戒めとして難点かメモしました。
・プログラミングにもっとのめり込む必要がある
・もっと夢中になる必要がある

・原作??の青本をほぼ忠実に再現していた
・「COOL」というセリフがとてもクールだった
・人を信用しすぎるな

「Cool」って言葉が2011年度の流行語大賞にならないかな?この映画を観た、みんなで使えばなりそうじゃないですか?


あと、音楽がとても綺麗でよかった。あまりにも良かったのでサントラを購入しました。
【Music】映画「ソーシャル・ネットワーク」サントラ無料DLキャンペーン中[ #sn140] - バコラー日記

他にもフライヤーを部屋に飾ったりもしてます。
IMG_2083


映画を楽しむための事前知識


この映画を楽しむためにはある程度の事前知識が必要かなと思います。「SNSって何?」って方は、下記のサイトを参考にするといいかもしれません。
・参考:映画「ソーシャル・ネットワーク」を観る前に知っておきたいこと | nanapi[ナナピ]


また、この映画は日本ではIT業界以外ではあまり話題になっていないような気がしますが、数々の賞を受賞している作品なのですよ。
・参考:映画「ソーシャル・ネットワーク」、ゴールデン・グローブ賞の最優秀作品賞を含む4部門受賞


更に楽しむための記事とか


映画「ソーシャル・ネットワーク」については、WEB業界ではかなり盛り上がっていて識者の方々がたくさん記事をあげているので、映画を観る前後でこの辺も読むと面白さが増しますよ。

フェイスブック創設者のマーク・ザッカーバーグ、映画『ソーシャル・ネットワーク』にダメだし? - シネマトゥデイ
マーク・ザッカーバーグ本人が映画についてコメントしてます。作中でバッチリ合っているのは衣装だけだそうです。

Business Media 誠:夏野剛×中村伊知哉、『ソーシャル・ネットワーク』をサカナに日本企業の体質を語る (1/7)
夏野さんが「ソーシャルネットワーク」を引き合いに出して、日本企業の現状を考察されています。

映画「ソーシャルネットワーク」を見て思ったライブドア事件とダブった旧メディアの表現方法 :村上福之の「ネットとケータイと俺様」:ITmedia オルタナティブ・ブログ
「演出上、金と女とイザコザに無理やりフォーカスした話に仕立てている感じがする。」という考察がされていて、的を射てるなと思いました。

「500億ドルの男」の素顔:日経ビジネスオンライン
メディア取材を受け付けないことで有名なザッカーバーグ氏に、数年間にわたって密着した米国人ジャーナリスト、デビッド・カークパトリック氏のインタビュー記事です。

F's Garage:映画「ソーシャル・ネットワーク」の感想
映画『ソーシャルネットワーク』からの裏話 - @ogawakazuhiro #socialnetwork : アゴラ - ライブドアブログ

他にも、マークの服装を再現したグッズ販売という商売もされていたりと結構な人気ぶりです。
マーク・ザッカーバーグなりきり衣類通販ショップを発見

【追記】
映画「ソーシャル・ネットワーク」の主役、Facebookの若きCEOマーク・ザッカーバーグの貴重な日本語訳付きインタビュー映像 - GIGAZINE
ショーン・パーカー曰く、映画ソーシャル・ネットワークは「完全なフィクション」
アダム・ペネンバーグ×マーク・ザッカーバーグ(「フェイスブック」創業者) - VIRALLOOP.jp 書籍『バイラル・ループ』オフィシャルサイト
D6からのライブ― Mark Zuckerbergと元GoogleのCOO、Sheryl Sandberg、Facebookについて語る
Zuckerberg、Y-Combinatorで過去と未来を大いに語る―「落第をFacebook流で切り抜けた」


まとめ


久しぶりに、お金出して映画館に行ったけど「ソーシャル・ネットワーク」は充分に元を取れる作品だと思いました。

IT業界、特にウェブ業界に勤めている方、就職を希望している学生は絶対に観るべきだと思います。就活の面接で「ソーシャルネットワーク観た?」とか聞かれそうですね。ちなみに、僕は昨年就活したときに「Twitter使ってる?」と何回も聞かれました。

まだ観てない方は今すぐ映画館に行きましょう!