MATLABで図を表示させまくるので、figureウインドウが大量に作成されるのでいちいち閉じるのが面倒ですよね。

今まで1つずつクリックしてfigureを終了させていたのですが、figureを削除させるコマンドを探したらすぐに見つかったのでメモ。

■close - 指定した Figure を削除
関数 close は、現在の Figure あるいは指定された Figure を削除します。またオプションで、関数 close 操作の実行に関するステータスを返します。

  • close
    現在の Figure を削除します (close(gcf) と同じ)。

  • close(h)
    h で指定された Figure を削除します。h がベクトルまたは行列の場合、関数 close は h で指定された Figure をすべて削除します。

  • close name
    指定された名前の Figure を削除します。

  • close all
    ハンドルが隠されていない Figure をすべて削除します。

  • close all hidden
    ハンドルが隠されているものも含め、すべての Figure を削除します。

  • close all force
    Figure をすべて削除します。これには、ウィンドウを閉じないよう変更された CloseRequestFcn の GUI も含まれます。

  • status = close(...)
    指定されたウィンドウが削除済みの場合は 1、そうでない場合は 0 を返します。

・引用元:指定した Figure を削除 - MATLAB

とりあえず、close all は多用しそうです。