企業と就活生のマッチングを実現する「ドリーム・マッチ プロジェクト」というものが良さそうなのでご紹介します。

DREAM-MATCH PROJECT - ドリーム・マッチ プロジェクト

最近、大卒予定の就職率が過去最低を記録するなどのニュースが流れているが、必ずしも、すべての会社が人材採用を控えているわけではない。

特に製品の部品を作っているようなエンドユーザーにとっては知名度が低い中小企業では、多くの人と出会うきっかけも少ないため、お互いうまくマッチングする機会も少なく人材採用に困っている会社も少なくない。

そのような企業と、就職したい現役学生、卒業したての未就労者とをマッチングしようとするプロジェクトとして、「ドリームマッチプロジェクト」というWebサイトがある。

こちらは、日本商工会議所のプロジェクトで、リクルートが委託を受けて運営しており、リクナビからもバナーによる誘導が行われている注目サイトである。

趣旨としては、企業の掲載料が無料で求人情報を出すことができる。学生は、このサイトで志望する会社を見つけ、よければ面接に行くというもの。企業にとってのメリットは、採用がうまく言っても、特にフィーが発生するわけではないので、無料で採用活動をすることができる。学生にとってのメリットとしては、応募すれば必ず人事担当者と会えるとのことで、安心して企業を選択できる。

現在1400社ほどの会社が求人をおこなっており、今までに950人の内定が出ているとのこと。(12月上旬時点)
・引用元:F's Garage:あなたの選択は正社員?非正規雇用?

詳しくは「ドリーム・マッチ プロジェクト」のサイトやF-shin(えふしん)さんのブログ記事をご参考にして下さい。


無い内定状態になったとき、別の角度から企業を見ると良い企業と巡りあえるかもしれませんね。