年末調整の時期ですね 👀

年末調整で印鑑だけ押して、提出する方をチラホラ見かけたので「個人型確定拠出年金 iDeCo」でどれぐらい得しているかを自分で再確認するためにまとめてみました。

個人型確定拠出年金 iDeCo の節税効果


年収が、
①300万円の場合、「4万1400円」の節税効果
②500万円の場合、「5万5200円」の節税効果
③800万円の場合、「8万2800円」の節税効果
④1000万円の場合、「9万1080円」の節税効果

になります。

個人型確定拠出年金 iDeCo の運用益


確定拠出年金 iDeCo の掛け金は、投資信託で運用して、運用益 3% と 5% の場合で 60 歳になるまでに資産がどれぐらいになっているか Google スプレッドシートで計算してみました。

個人型確定拠出年金 iDeCo 運用利回り

年利 0% (= ただの貯金) の場合、855万円
年利 3% の場合、1,421万円
年利 5% の場合、2,050万円

という結果になりました。

節税、かつ、資産運用にもなる個人型確定拠出年金 iDeCo はやらないと損ですね 💰