バコラー日記

人生は決して受け身になってはいけない。攻めるが勝ち!

    カテゴリ:暮らし

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    JR九州のクレジットカード、クレディセゾンの「JQカード」を使わなくなったので解約しました。

    解約手続き電話番号はクレジットカードの裏面に記載されています。

    JQカード セゾン 解約


    【JQカード セゾンの解約方法】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    チャイルドシートを購入して、出産前の大きな買い物を終えて一安心したと思っていたのですが、いざチャイルドシートの取扱説明書を読んでみると「カーシートがあった方が車のシートが傷つかなくてよい」ということが書かれていたので、慌ててAmazonで購入しました。

    チャイルドシートマット Geekway シートプロテクター カーシートカバー

    値段がそんなに変わらなかったので、チャイルドシートアクセサリ の 売れ筋ランキングで上位だった3つのカスタマーレビューを読み比べて、これに決めました。

    車のシートが皮なので2000円ぐらいなら、車のシートを保護するために買って損はないと思ってます。

    カーシート装着


    MAZDA アクセラに装着した様子は、こんな感じです。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    妻が里帰り出産するので、それにあわせて僕も2ヶ月ほど熊本に滞在することにしました。その間、東京の家には誰もいない状態なので、1番困るのが配達物の受け取りです。

    郵便局とクロネコヤマトは転居転送サービスがあったので、ネットから申し込みました。

    佐川急便は以下の記事によると転送サービスはないみたいなので特になにもしてません。

    ヤマトと佐川急便は自分でうっかり旧住所に配達するようなことがない限り、配達物が届くことはないかなと思ってます。

    国や区からの書類は、郵便局から郵送されるはずなので「e転居」さえしっかりやっておけば大丈夫だと思いたいです。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    先月に葬式があり、今日はその四十九日でスーツを着る機会が増えてきて何だかなという心境です。

    suit-portrait-preparation-wedding

    葬式のときは突然のことだったので、何の疑問も持たずに葬儀場で喪服をレンタルしました。6000円でレンタルできたので、購入してクリーニングするのと比べると安く済んだのが救いです。

    そして今回、四十九日があるということで「四十九日ってどういう服装で参加するべきなんだっけ?」と思い、ネットで調べてみると、「四十九日法要の服装は葬儀に準じる形ですので、一般的には略式礼服(喪服)となっています。」ということが色んなサイトに書かれていました。

    普段、仕事で全くスーツを着てないという理由もあって「スーツを着るの嫌だな。6月で湿度高いし、着心地は悪いし、メリット何も無いな」というのが正直な感想でした。

    家族に事前に相談して「白黒の服だったらカジュアルな服装でいいよー。」というお声をいただいたので、

    ・長袖のワイシャツ
    ・黒色のネクタイ
    ・黒色のズボン (私服)
    ・黒色の靴下
    ・黒色の靴 (私服)

    で参加しました。
    ワイシャツ、ネクタイ、靴下だけ正装で、他は色だけ黒色にすることで妥協しました。

    しかし結局、僕以外はみんな喪服やスーツでした。想定していた結果でしたが、僕の服装については何も言われなかったので、良しとしてます。

    スーツの歴史や日本社会の一般常識があって、こうなっているのだと思いますが、その部分について調べるモチベーションが無いので調べてません。

    8月のお盆もスーツは着たくないので、妥協点として白色の襟付き半袖シャツをそれまでに買っておこうと思います。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote
    目の前に体調が悪そうな人がいたとき「救急車を呼ぶまでもないだろう」と思ったことはありませんか?

    僕も少し前まではそう思っていたのですが、迷ったらすぐに 119 に電話すべきだなと痛感する出来事が起こりました。

    119

    身内が目の前で体調を悪くして、しばらくして倒れて、救急車を呼んで病院に駆けつけるも、そのまま意識が戻ることはなく、息を引き取られました。

    「倒れる前に 119 に電話していたら、もう少し早く電話していたら、もしかしたら助かっていたかも…?」そう振り返ると、「判断が少し遅かった。すぐに 119 に電話すべきだった…」と後悔の念に駆られています。

    もし、あなたの目の前で体調が悪そうな人いたら、迷わずに救急車を呼んであげて下さい。何かあったときは、時すでに遅しですよ。

    このページのトップヘ