バコラー日記

人生は決して受け身になってはいけない。攻めるが勝ち!

女の子のためのキュレーションメディア MERY で「モンベルのサンダルがいい!」という記事を読んでしまい、今日モンベル渋谷店で買ってしまいました。


こういうまとめ記事の影響を受けて、服や靴を買うことってあまりなかったので個人的には新鮮な購買体験でした。

mont-bell(モンベル) ロックオンサンダル ブラック

ピンクやブルーと迷ったんですが、無難にブラックを購入しました。お値段は 2900円 + 税です。

ピンクはかかとが固定できないシリーズしかなかったので、かかとが固定できるシリーズにもピンクがあれば多分ピンクを買っていたはず。

mont-bell(モンベル) 渋谷店 サンダルコーナー

mont-bell(モンベル) 渋谷店 サンダルコーナー

mont-bell(モンベル) 渋谷店 サンダルコーナー

色の次はサイズ選びで迷いました。僕の足のサイズが 26.5 - 27.0 cm なので M サイズがジャストフィットだったのですが、かかとに余裕はありませんでした。L サイズだと、かかとが余ってちょっと不格好に見えるし歩きにくそうで、どうしようと迷った末、M サイズにしました。

サイズのラインナップは S/M/L の3つだけと少ないのと、カラバリが少ないのが個人的に惜しいポイントですね。

コスパ良いので履き心地よくて気に入ったら、ピンクやブルーなど他の色のサンダルを買い足してしまうかもしれません。

一昨日から、iPhone の LINE アプリを起動するたびにログイン画面が表示されて地味に不便で困っていました。

LINE Login

こんな LINE のログイン画面が毎回、表示されるのですが、解決方法が分からなかったので面倒だけどログインして使ってました。

でも、これだとログアウト中に受信していたメッセージが一部、消えていたりもしました。

幸い PC でも LINE アプリを使っていたので、PC の方にメッセージが残っていたからよかったんですけど、大事なメッセージを既読スルーとか無視してそうで怖いですね。

LINE Confirm or Reset


「なんとか使えてるから、まあいいか」と思って使い続けていたら、ついに LINE の機種変更に伴う引き継ぎ or 初期化画面が表示されて、「もうこりゃ駄目だ」という気分だったので、本腰を入れて解決方法を調べてみました。


ネット検索してみても同じような症状に悩まされたという記事は見つからなかったのですが、「Safari の Cookie が壊れるとアプリを起動するたびにログイン画面になる」という似たような症状の記事を発見しました。

ダメ元で Safari の「履歴とWebサイトデータを消去」を実行してみたら解決しました。以下、手順です。

  1. 「設定」アプリを開く

  2. 「Safari」をタップする

  3. 「履歴とWebサイトデータを消去」をタップする

起動するたびに LINE のログイン画面が表示される症状にお困りの方はぜひ試してみてください。

「日本野鳥の会の長靴がおすすめ。特にカモフラ柄が可愛い」という情報を同僚に教えてもらっていたのですが、買わないとなーと思っていて、数ヶ月が経ち、梅雨入りしてしまいました。

何度か雨でスニーカーがずぶ濡れになって辛い思いをしていたのですが、先週やっと目的の長靴を購入しました。

Amazon | [日本野鳥の会] バードウォッチング長靴 【カモフラージュ】(【SS】23cm?【3L】28cm) | レインシューズ 通販


Wild Bird Society of Japan 長靴

「日本野鳥の会」Wild Bird Society of Japan バードウォッチング長靴 カモフラージュ柄

Wild Bird Society of Japan 箱

箱。

Wild Bird Society of Japan 内容物

内容物。レインシューズケースも付いてました。


まだ1回しか履いてないんですが、雨の日の長靴は快適すぎて「何でもっと早く購入しなかったんだろう。」という気持ちもありつつ、「何でみんな長靴を履かないんだろう?この素晴らしいプロダクトをみんなに教えてあげたい」という余計なお世話心もでてきたりしています。


日本の梅雨には、長靴がマジでおすすめです。




先月に葬式があり、今日はその四十九日でスーツを着る機会が増えてきて何だかなという心境です。

suit-portrait-preparation-wedding

葬式のときは突然のことだったので、何の疑問も持たずに葬儀場で喪服をレンタルしました。6000円でレンタルできたので、購入してクリーニングするのと比べると安く済んだのが救いです。

そして今回、四十九日があるということで「四十九日ってどういう服装で参加するべきなんだっけ?」と思い、ネットで調べてみると、「四十九日法要の服装は葬儀に準じる形ですので、一般的には略式礼服(喪服)となっています。」ということが色んなサイトに書かれていました。

普段、仕事で全くスーツを着てないという理由もあって「スーツを着るの嫌だな。6月で湿度高いし、着心地は悪いし、メリット何も無いな」というのが正直な感想でした。

家族に事前に相談して「白黒の服だったらカジュアルな服装でいいよー。」というお声をいただいたので、

・長袖のワイシャツ
・黒色のネクタイ
・黒色のズボン (私服)
・黒色の靴下
・黒色の靴 (私服)

で参加しました。
ワイシャツ、ネクタイ、靴下だけ正装で、他は色だけ黒色にすることで妥協しました。

しかし結局、僕以外はみんな喪服やスーツでした。想定していた結果でしたが、僕の服装については何も言われなかったので、良しとしてます。

スーツの歴史や日本社会の一般常識があって、こうなっているのだと思いますが、その部分について調べるモチベーションが無いので調べてません。

8月のお盆もスーツは着たくないので、妥協点として白色の襟付き半袖シャツをそれまでに買っておこうと思います。