バコラー日記

人生は決して受け身になってはいけない。攻めるが勝ち!

堀江さんの「格差の壁をぶっ壊す!」を読みました。

格差の壁をぶっ壊す! (宝島社新書 311)格差の壁をぶっ壊す! (宝島社新書 311)

宝島社 2010-04-10
売り上げランキング : 545

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この本の趣旨は「格差を気にする心を払拭して欲しいということ」だと思う。"格差を気にする心"≒"妬み、嫉妬"などから抜け出さない限り、いくらお金を稼いでも、いくら勉強ができるようになっても、いくらモテても、虚しいだけと言っている。

本の内容は堀江さんのブログを読んでる人だったらこれといった新鮮な部分はないように感じると思う。本の中で印象に残った部分を引用。

親の世代の「常識」や「正しかったこと」を打破しない限り、イノベーションが生まれてくるはずもない。

既存の常識を疑わないと新しいものは生まれない。この点では、DeNA社が掲げている『良質な非常識』という理念はいつも意識しておきたい良い言葉だと思う。

能力は経験によって規定されるものではなく、経験×密度によって規定されるもののはずだ。
「親の言うことだから正しい」とか、「年齢が高い人は経験があるから有能である」といった無難な物言いは、短絡的な思考停止にすぎない。保守的なもの、無難なものを突破し、考え抜くこと。それこそがイノベーションと呼ぶに相応しい思考ではないだろうか。

大事なのは"考え抜くこと"だと思う。既存のルールや考え方は先人達が出した最適なものなのかもしれないけど、時代が変わると合わなくなるものも出てくるはず。その時代に合う最適な方法を考えていく必要があるのだと思う。

その他に、「所得格差」「恋愛格差」「職業格差」など色んな切り口で書いてあります。1~2時間もあれば読んじゃえるので、なにかしら不満を抱えている方は読んでみるといいかもしれません。

タイトルは友人のmixi日記のタイトルからパクリました。てなわけで、就活の中間報告をさせていただきます。今週の水曜から今日まで東京にいました。さっき帰ってきてぐったりしているところです。今回は体育会本部の後輩、こがっちの家にお世話になりました!もはや後輩の家にまで泊まらせてもらう始末です。一緒にご飯食べたり飲みに行ったりしたのですが、この話はまた別の機会に。

さて、本日、東京で最終面接を受けてきた企業から内々定を頂きました。最終面接が終わった後は「多分、落ちたな。」という自己評価で、面接で上手く受け答えができなかったところをまとめて次に向けてと切り替えていました。そんな中、今日のうちに結果がきたのはありがたかったです。これでだいぶ心に余裕ができました。技術力が高くとても魅力的な会社なので正直『就活終了のお知らせ』にしたかったんですが、選考中の志望度の高い企業だけに絞って、残りの就職活動もしていきたいと思います。

家族には「就職先が1社は決まったから安心して」という電話をしました。親父は現在、京都に単身赴任なのですが、就職先がまだ決まらない息子の為にGW中に熊本に帰ってきて色々話をしてくれようとしていたみたいと母から聞きました。ありがたい!今日の電話でほっとしていたようなので良かったです。でも「就職先はまだ決まらんのか?」って言っていた親父の勤めている会社はまだ新卒採用が始まったばかりだから、「いやいやいや」といったお話です。

とにかく、就活のスケジュール上、GW前に内々定が頂ける予定はなかったのですが、これでGWをもやもやした気持ちで過ごさなくてよさそうです。就職活動が全て終了しましたら、知人・友人の方々にはまた改めてメールや電話をさせて頂きます。残りの就職活動も頑張ります!!

4月に入ってから既に1、2回ゼミが行われていましたが、私は今回ゼミ初参加でした。新B4で初めて会う方も何人かいて、まだ半分も顔と名前が一致しません…。

ゼミの内容は、研究会に発表に行くM1の発表練習+教授殿からの諸連絡・コメントでした。教授殿からのコメントで書き留めておきたいことがあったのでメモ。

まず、就活の時期だから研究が滞るのは仕方ない(こんなニュアンスであってるっけ?)。けれど、就活の面接で面接官を言いくるめられるような「研究ネタ・プラン」を揃えておくことは必要だとのこと。これさえできてれば、就活が終わった後にもスムーズに研究に切り替えられますしね。

次に、卒研の実働時間について今一度、考えてみて欲しいということ。卒研での実働時間は本格的に動くのは実質1~2ヶ月です。1~2ヶ月の仕事+運で、学会発表・研究会発表に行ける成果が出るので、頑張りましょうというお話。前から言われていることだけど、忘れがちだったことです。

最後に、准教授殿は今年度いっぱい忙しいというお話。以前から言われていたのですが、改めてこの時期になると研究室の運営的に結構大変なことだと実感しつつあります。僕は准教授殿が担当なので、M2の研究は今まで以上に自分からアクションしていかないと、何にも進まないまま時が過ぎていきそうです。こまめにメールで連絡をとるのと、教授殿や助教殿にも研究相談をしに行ったりしないいけないですね。

以上、3点(主に後ろ2点)を研究の時に意識したいものです。

ちょっと前から、先頭文字で「は」「ふ」「っ」を打つとアプリが落ちてしまう症状に陥ってました。
改善するのは大変そうと思っていたのですが、ネタフルさんのサイトでまとめてあったので助かりました!

手順は以下の通りです。
「設定」→「一般」→「リセット」→「キーボードの変換学習をリセット」
・参考:[N] iPhoneで文字入力した際にアプリが落ちる問題の対処方法 http://netafull.net/iphone/034204.html

びっくりするぐらい簡単ですね。
同様の問題で困っている人がいればやってみて下さい。