バコラー日記

人生は決して受け身になってはいけない。攻めるが勝ち!

「メールアドレスからTwitterIDを特定されないように設定する方法」というのがあったので実際にやってみました。

・参考:メールアドレスからTwitterIDを特定されないように設定する方法*二十歳街道まっしぐら

Twitterの設定から解除できる。

Twitterの設定ページにアクセスします。
メールアドレスの下に以下の項目が追加されていると思います。

「他のユーザーがメールアドレスを手がかりに探せるようにする」

これのチェックを外せばいいみたいですね。

Twitterを始めたときは良かれと思ってチェックを入れていたのかな?

デフォルトなのかな?

ツイッターであだ名を付けてもらう「あだなツイッター」というサービスを使ってみました。

あだなをつけて欲しい人が登録しておくと、それを見た人が自由にあだ名を付けてくれる、というサービスです。

さてどんなあだ名を付けてもらえるのでしょう?


・参考:[N] あだ名を付けてもらうサービス「あだなツイッター」

Twitterであだ名を投稿できるサービス あだなツイッター

Google Chromeの拡張機能「MigemoFindInPage」をインストールしてみた。

・参考:窓の杜 - 【REVIEW】ページ内を“Migemo”検索できるGoogle Chrome用の拡張機能「MigemoFindInPage」
「MigemoFindInPage」は、ローマ字入力で日本語をインクリメンタルサーチできる“Migemo”によるページ内検索機能を、「Google Chrome」へ追加する拡張機能。

なるほど。
“Migemo”とはローマ字入力で日本語をインクリメンタル検索するためのツールで、「Firefox」用の拡張機能「XUL/Migemo」などでも有名。たとえば日本語変換を利用せず“mori”と入力するだけで“森”“杜”“盛り”といった日本語を検索できて便利だ。

インクリメンタル検索って言葉を知らなかったけど、何気なくGoogle検索とかで使ってたんですね。
利用するにはまず、「ChromeMigemo」を導入しておこう。本拡張機能は「Google Chrome」に“Migemo”機能を提供し、ほかの拡張機能と連携して動作する。

なるほど。
というわけで以下の2つをDLしてみました。

ChromeMigemo - Google Chrome 拡張機能ギャラリー
MigemoFindInPage - Google Chrome 拡張機能ギャラリー

ページ内検索機能を利用するには、[/]キーを押す。
ハイライトされた部分へは[Ctrl]+[.]キーで順にジャンプ。
[Ctrl]+[,]キーで前のハイライト部分へ戻る。

[Ctrl]+[M]キーを押すと、キーワード部分がリンクの場合は自動でリンクへフォーカスが移る。
そのまま[Enter]キーを押せばページジャンプも可能。
キーボード操作だけで検索とリンク先への移動が行えるのでとても使いやすい。


慣れたらかなり便利そう!!